2008年12月22日

クリスマス

08122108.JPG
もうワンコたちのクリスマスプレゼントをサンタさんは用意したかな?

ママはウマウマのケーキを用意したかな?

ワンコにはクリスマスは分からないけど。。。

家族のみんなが嬉しい=ワンコも嬉しい!

それでいいんですよね。



08122109.JPG
虹の橋も賑やかなクリスマスパティの準備に忙しいかな?

特に女子軍団がウマウマの用意をしたら、本番までに無くなってないかなぁ〜笑

男子軍団はツリーに飾るオーナメントで遊んでないかな?笑


写心の中で笑っているわんこたち。。。

その前には、食べられる事のないクリスマスケーキとプレゼント

切なくて。。。切なくて。。。

でもね、子供の頃、サンタさんを心待ちにしたワクワクな気持ち

そんなやさしい気持ちを心に。。。

そうすれば、サンタさんが虹の橋までクリスマスケーキを大切に届けてくれると思う。

プレゼントも一緒にね。

08122110.JPG
もうすぐクリスマス。ワンコたちが心待ちにしているクリスマス。

虹の橋のわんこ達も一緒。

クリスマスまで、空を見上げて星がきれいだったら、それは虹の橋のイルミネーション!

街でクリスマスツリーを見たら、虹の橋のワンコ達の笑顔を思い出して。

ケーキ屋さんの前でクリスマスケーキを見たら、『サンタさん、虹の橋まで届けて下さいね、』

って心の中でお願いして下さいね。



08122111.JPG
きっと、皆の願いは届くと思います。

泣き虫なパパとママにサンタさんがやって来ますように。。。

そして。。。

虹の橋にやさしい。。。やさしい。。。クリスマスプレゼントが届きますよに。


『全国横断ツアー!ポチッと応援して下さいなぁ〜』BYホタ
hotahota-0806-2.jpg

人気ブログランキング参加


撮影料金¥25.000
地域・日付に関係なく撮影は随時受け付けております。
とりあえずお問い合わせ下さい。

写心撮影→お問い合わせフォーム 



ニックネーム hotapapa.com at 08:20| Comment(22) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホタパパさん、こんにちは。
本当は、たいしたことないのかもしれないのですが、ホタパパも使われていますし、最近は自分の犬、猫、小鳥などが亡くなると、「亡くなった」「死んだ」とは言わずに、「虹の橋を渡った」「星になった」と言う方がとても多いのには、非常に違和感を覚えます。 亡くなったことを、きちんと自分自身の心の中で受け止めないから、ペットロスなどと言う病気になってしまうように思えて仕方がありません。 ホタパパに直接関係ないことかもしれませんが、ホタパパさんの影響力も大きいと思いますので、私はぜひホタパパさんのご意見を伺いたいと思い、コメントを書かせていただきました。
Posted by LL&Nの母さん at 2008年12月22日 10:23
今日、会社へ行く電車の中でブログを読みました(^u^)
少し涙がポロリっと(:_;)
でも会社の前のツリーを見上げたら笑顔になりましたよ。
そっと目を閉じたら、いっぱいの笑顔に包まれてやさしい気持ちになれました。
ホタパパ&ホタサンタさんありがとう。
Posted by 奈々 at 2008年12月22日 11:40
LL&Nの母さんのコメントに、驚いたと同時に何と心ないコメントだと腹立たしく思いました。自分の子を亡くした現実を「亡くなった」「死んだ」と言う表現でなく「虹の橋を渡った」「星になった」と表現する事に違和感を感じられる、、、と言う事。表現の方法はそれぞれ個人の自由であり、又その背景にはそれぞれの、人様には伝える事の出来ない、辛い、重い、苦しい経験があっての事。その感情表現を他人の貴方にとやかく言われる筋合いの事でもなく、それがペットロスで苦しむ人々の原因になっているとおっしゃる貴方の偏った考え方に非常に不快感、思いやりの無さ、腹立ちさを感じました。貴方のおっしゃる表現の違いは、「餌をやる」、「食事を与える」、その差に近い次元の発想の様に思われます。それぞれ、愛する我が子に対する愛情の深さの違いがあります。私の、又私の知る犬好きな友人達のそれとは、違うスケール、世界にお住まいな方だと思いました。


Posted by midasjenny at 2008年12月22日 14:43
皆さんの願いは一つですよね。
すべてのワンコにメリークリスマス
ホタさんメリークリスマスホタパパありがとう。
Posted by cocoママ at 2008年12月22日 14:58
『母〜さん、バースデーケーキは、もうええ。

街の仔達のママが、お洒落で美味しいケーキいっぱい届けてくれたから。揺れるハート

母〜さんは、チキンやチキン。レストラン
 皮をパリ・パリに焼いてナ・・・・・・。

5〜6本届けて。  みんなで食べるから。

此処は今、満員御礼。

もう、だれも来たらいかんで。』  by 天羽
Posted by 天羽母 at 2008年12月22日 16:34
どうかイヴの夜は星が綺麗でありますように
ホタパパさん、ありがとう。
Posted by ノリ母 at 2008年12月22日 16:51
何でだろう…
天羽母さんのコメントを読んでたら涙が止まらない。
お空の我が子の声が聞きたくなりました。

天羽母さん!
優しい時間を有り難うございました。
Posted by アイスクリームのママ at 2008年12月22日 17:36
ホタパパさん、天羽母さん、ありがとう。
今年はクリスマスを迎えることにとても寂しい気持ちでおりましたが、
虹の橋での我が子の様子を想像できて、嬉し涙です。
きっとケーキやチキンをみんなで賑やかにウマウマするのでしょうね。いっぱい食べてね。
すべてのワンコやパパとママが温かい気持ちですごせますように犬(笑)四葉
Posted by sumiregsua at 2008年12月22日 20:23
バディを見送った時
私もこのワンコを抱いた天使を midasjennyさんからいただきました。
これを見たとき本当に本当に救われました。
Posted by 久美 at 2008年12月23日 00:09
ホタパパさん、クリスマスの素敵なお写心ありがとうございます。
ホタルちゃんの大ファンでいつも楽しみにブログ拝見させて頂いております。

天使のお人形
抱えているワンちゃんが娘のりりぃのようです。
きっと今頃・・・温かい時間を過ごしているんだろうなぁ〜って思えます。
寂しくても
思い出して愛おしく思える出会いに感謝です。
Posted by みどり at 2008年12月23日 07:40
Christmasなんて、リリーがいない我家にはこないと思っていました。
虹の橋で楽しくパーティしている、そう思うだけで、リリーが幸せに楽しくしていると思うだけで、哀しいパパママは救われるんです。
リリーと天使さんの人形は、本当に温かく優しく見守っていてくれます。
ありがとう、ホタパパさん

私は医療従事者です。死を目の当たりにします。その現実は耐え難いものがあり、立ち直れない深い哀しみ、喪失感が必ずやってきます。それは時間とともに、たくさんの支えを受けて、“緩和”されます。どんなに覚悟しても、この哀しみ喪失感はやってきます。どんな命でも、必ず、です。緩和させるには色々な手段がありますが、虹の橋のおとぎ話・・・私は大好きです。いいじゃないですか、想像して、温かい気持ちになって、立ち直るきっかけになれば・・・

温かい気持ちになれるブログ、楽しみにしています。
Posted by リリママ at 2008年12月23日 09:25
ノビにも素敵なクリスマスが訪れますように
ノビと切なくて、やさしい約束をしました。
生まれ変わったら、もっと、もっと一緒にいようね。と
今すぐにでも会いたいです。ノビを抱きしめたい。
今、抱きしめた温もりを宝物にして
ノビ、メリークリスマス

ホタさん、メリークリスマス
Posted by ドラえもん at 2008年12月23日 11:47
ホタパパさん
↑の記事のドラえもんです。今、自分の書いた記事を見たらノビ太の太がないんですけど(-.-;)
すべてノビになってます。
最近、アセラのブログ文字化けが多いような気がします。報告まで
Posted by ドラえもん at 2008年12月23日 13:09
LL&Nの母さん 様

あなたのご意見は正しいかも

 しかし、ホタパパのご意見も正しいかも

 
正解なんてこのBLOGの場だけでは 決められませんよ。

人様の気持ちは千差万別、いや億差兆別かも

ワンやニャン その他動物に対する考え方、言い方
これの方が正しいなんて私は言えない思いますよ。


いつか、そう言うシンポジウムが有ればエエのにね。

貴方のご意見を述べてみられ反応を見られるのもご一考かも

 

Posted by VALの母ちゃん at 2008年12月23日 15:08
LL&Nの母さん 様のコメントを拝見しました。
貴方がそう考えるのであれば、貴方はそうされればいい。「飼っていたうちの犬が死んだ」そう表現されればよいと思います。でも人によっては「大切な家族が虹の橋へ旅立った」そう表現される方もおられます。
私は20年連れ添った愛猫を亡くした時、喪失感からペットロスに陥りました。でも虹の橋の言い伝えを知り、また会えると言う気持ちが私を立ち直らせてくれました。
世の中貴方のように家族を亡くした悲しみをしっかり心で受け止められる強い人ばかりではありません。
人それぞれだとは思いませんか・・・?

Posted by 愛 at 2008年12月23日 16:13
初めてコメントさせていただきます。
いつも拝見しては、にんまりしたり、涙したり、素敵な写真に見とれています。

「死」というのが永遠の終わりであると思えて、それがあっさり受け入れられるのなら、
「虹の橋」なんていう概念はいらないですね。

あたしは、「死」は終わりではなく、
体は死んで朽ち果てても、魂は永遠だと信じています。
だから、虹の橋にいることも、お星様になったことも、すべてが真実だと思えます。
もちろんペットロスにはなっていません。
そう思えることで心の平安が得られる人も沢山いると思います。
本当に人それぞれ、違った感じ方、考え方がありますけど、
それをお互い認め合って生きていきたいですね。

大切な存在である、かけがえのない命と出会えたことは
みんな同じですものね♪
Posted by maggy at 2008年12月23日 18:04
ホタパパさん ホタルちゃん はじめまして。いつも温かい気持ちと楽しい時間をいただいてました。初めにありがとうございます。

いつかは必ず訪れる事。避けられない現実。誕生日を迎える度に嬉しさと一緒に付いて来る不安感
でもホタパパさんのメッセージを読みながら涙と引き換えに温かい心を頂いています。
「僕は、私はまだまだ元気だよ!」と子供たちに叱られるかもしれません
子供の頃、私の姉妹同然の犬を虹の橋にわたしました。その頃「虹の橋」を知っていれば・・・と今、思います。でもきっとピンは今、虹の橋で楽しく過ごし弟、妹達を見ていてくれると思います。
いつまでも一緒にいたい・・・叶わない願い だから『虹の橋』で元気に楽しくいてくれると信じたい

Merry Xmas ホタルちゃん! いつの日かムギュさせてくださいね〜^^
Posted by jmm-mama at 2008年12月24日 09:09
皆さん、多くの優しい気持ちをありがとうございます。
一つの心に一つの答え。。。
100の心が集まれば、100の答えがあると思います。
ワンコと家族になる手段、食事、しつけ、獣医選択、治療選択、そして最後のやさしい時、
すべては家族の選択が一番の正解だと思います。
一つ思うのは、コメントして頂いた、すべての皆様の家族のワンコや猫さんたちが、
愛されているんだなぁ〜シアワセなんだなぁ〜
って思います。
この記事を書いて、皆さんのコメントを読んで
街のクリスマスツリーを見たらシアワセな笑顔がいっぱい浮かんできました。

すべてのコメントに感謝いたします。

さぁ!今夜はクリスマスイブです。
すべての家族にサンタさんがやって来ますように。。。

そしてホタルにもサンタさんがやって来ますように。。。

追伸。。。
クリスマスイブ=運転手の誕生日前夜祭です。笑
いつもケーキは一つのクリスマス&誕生日です。笑

Posted by ホタパパ at 2008年12月24日 09:35
ホタパパ&ホタさん、メリークリスマス
ホタパパさんの優しい心のクリスマスプレゼントありがとうございます。
きっと私たち泣き虫夫婦へのメッセージだったのですね。皆さんの暖かいコメントを読んでいると涙で最後まで読めなくて
今、ケーキ屋さんでクリスマスケーキを買ってきました。
虹の橋のすべてのワンコにメリークリスマス

ホタさんにメリークリスマス
ホタパパさんにメリークリスマス
Posted by ルル母 at 2008年12月24日 13:10
私が、最近違和感を感じていたことに対して、こんなにも反響があるとは思いませんでした。 そして、私の文章の拙さから、不快な思いをさせてしまったことを謝ります。 ただ、とてもショックだったのは、私が書いたコメントに対してのものすごい直接的で攻撃的なコメントが多かったことです。 VALの母ちゃんが書かれていたように、そう言うシンポジウムのような場があると良いですね。 私のことを悲しみも感じない、愛犬、愛猫を失っても平気でいられると皆さんは思われているようですが、悲しみが大きすぎると人は涙も出ないと聞きました・・・反論もたくさんあるでしょうが、人には言えない辛い経験をたくさんしてきました。 たくさんの愛犬を亡くしました。 自分の過失で死に至らせたこともあります。 
でも、これ以上私事を書くのは、ホタパパさんのHPなのでやめます。
とにかく、不愉快な思いを皆様に抱かせて本当に失礼致しました。
Posted by LL&Nの母さん at 2008年12月24日 23:55
LL&Nの母さん様、皆さんそれぞれに自分の犬やネコを家族の一員として愛しています、だからかえって見えすぎることもあり、見えなくなってしまっていることもあります。
母さんのコメントを読ませていただきながら、きっと沢山の子たちとの別れを経験されているのだな、と思っていました。
私もそうです。そんな別れを繰り返すうちに自分の心の中でけじめをつけて考えていく必要を感じました。
ですからおっしゃることもよく理解できます。
言葉の表現は違っても、皆さん「死ぬ」という言葉を直接使わなくても現実をよくわかっていらっしゃる方ばかりです。
犬たち猫たちへの愛おしさをどんな言葉に代えてもそれが慰めになるのならいいとしませんか?
予想外の皆さんからの沢山の意見でしたが、これもいいきっかけを作られたと思っていただけたら幸いです。
Posted by すばるの相棒 at 2008年12月25日 13:43
LL&Nの母さんへ。ホタパパへ少し意見を聞いてみたかっただけでしょうにお気の毒です。
このような場での冷静な意見は批判にあいやすいものです。全く気にしなくていいと思いますよ。

Posted by にこちゃんママ at 2008年12月25日 19:31